RootNews

Amazon.co.jpは、映像配信サービスのプライム・ビデオやAbema TV、Netflix、DAZN、dTVなどをテレビで楽しめるスティック型デバイス「Fire TV Stick」の新モデルを4月6日より発売する。価格は4,980円(税込)。

01_s
「Fire TV Stick」は、テレビのHDMI端子に直接挿して、映像配信サービスなどが楽しめるスティック型の端末。プライム会員(年会費3,900円/税込)向けに無料で配信する「プライムビデオ」なども利用可能。なお、Fire TVとは異なり4K映像の再生には対応せず、720p/1080p、最大60fpsのサポートとなる。音声は7.1chまで対応。HDMIのバージョンは1.4bで、HDCP 1.4対応。スマートフォンやタブレットにある動画や音楽、写真などをミラーリング機能によりテレビに表示することも可能。

CPUは、従来のデュアルコアから、クアッドコアのMediaTek Quad-core ARM(1.3 GHz)に強化し、専用のGPU「Mali450 MP4」も搭載、802.11ac対応のデュアルバンド/デュアルアンテナWi-Fiに対応(従来は11a/b/g/nのみ)。メモリは1GB搭載し、「Chromecastの2倍のメモリで素早く滑らかな動作を実現」するという。

動画はHEVC(High Efficiency Video Codec)にも対応。既存のインターネット接続環境で今まで以上に1080p HDストリーミングを視聴できる」としている。

映画やテレビ番組を視聴しながら、次に視聴したい作品をより簡単に探せる機能を提供。映画の予告編やスクリーンショットを映し、観たいコンテンツを見つけられるという。また、ホーム画面からアプリやゲームをより簡単に検索できるようにした。視聴方法として「いますぐ見る」、「レンタル」、「購入」などを表示するビューイング・オプションも用意している。

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1045518.html

[ 以下、続き・コメント ]




2015y06m12d_182755022
follow us in feedly
今の話題、気になる記事をピックアップして紹介しています。
月別アーカイブ
経済指標