RootNews

米Appleは5日(現地時間)、ワークステーションクラスの性能を持つ一体型コンピュータ「iMac Pro」を12月に発売すると発表した。

05
03

WWDC 2017での「チラ見せ」として紹介されたものだが、多くの仕様が公開された。筐体のデザインは既存の27インチiMacと同じだが、筐体色はブラック系となっている。CPUには、Xeonを採用し、8コア、10コアのほか18コアまでを選択可能。メモリは最大128GBのECCメモリ、ストレージは速度3GB/sの4TB SSDを搭載可能。GPUはAMDのRadeon Vegaを採用し、性能は単精度で11TFLOPS、半精度で22TFLOPSとなる。ディスプレイは5K。

インターフェイスには、IEEE 802.11ac無線LAN、Bluetooth 4.2、UHS-II対応SDカードスロット、Thunderbolt 3×4に加え、Macとして初めて10Gbit Ethernetを採用する。

高い仕様と新OS「macOS High Sierra」に搭載されるグラフィックスAPI「Metal for VR」によりVRにも対応する。
価格は、5Kディスプレイ、8コアXeon、メモリ32GB、SSD 1TB、Radeon Vegaを搭載した最小構成で4,999ドル。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1063630.html

[ 以下、続き・コメント ]




2015y06m12d_182755022
follow us in feedly
今の話題、気になる記事をピックアップして紹介しています。
月別アーカイブ
経済指標